ブルーロック専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)第124話「ナイトスノウ」

Pocket

投稿日:2021年05月14日 更新日:2021年05月14日

幼き日、糸師兄弟は共に夢を語り合った。

道を分かつその日まで。

ブルーロックあらすじ・ネタバレ

敵「ヤベェ・・・あのダブルストライカー」

敵「あんなん止められるかよぉ!!」

敵「化け物じゃん糸師兄弟・・・!!」

冴「・・・今のコース甘いぞ凛」

凛「マジ?兄ちゃん 次気をつける」

スポンサーリンク

凛(俺は兄ちゃんと世界一になるんだ)

あたり

凛「げ ”当たり”だ」

冴「くだらねぇ運使ったな凛」

凛「証拠隠滅!」

冴「凛お前さ何考えてサッカーしてる?」

凛「?別になんも ゴールのことだけって感じかな ヤバイ方に走ってりゃ兄ちゃんがパス出してくれるし」

冴「・・・ヤバい方ってなんだよ」

凛「んー敵がパニクって壊れる方」

冴「直感に頼り過ぎなんだよお前は」

凛「でも兄ちゃんがパス出してくれるからいいzyん 他の奴らじゃ物足りないよ俺」

冴「・・・俺がいなくなったらどうすんだお前」

凛「わかんないけど 代わりの奴探すよ」

冴「そんな奴いるかよ 俺を誰だと思ってんだコラ」

ゲシッ

凛「痛て はいはいわかったよ「世界一の糸師冴」さま」

冴「凛・・・」

冴「先に行くだけだ お前も来い 俺がいない間諦めんなよ」

凛「うん とりあえず日本一になって兄ちゃんみたくスカウトされるのが目標・・・」

冴「ああ そんで世界だ」

凛「兄ちゃん いってらっしゃい!」

冴「いってきます ”世界一のストライカー”になるために」

凛(次に逢う時は俺も)

監督「凛!ひとりで持ちすぎるな!」

凛(思ったよりも窮屈で不自由だけど)

監督「視えてんだろパスだ凜!」

味方「凛 頼む!」

味方「ボールくれ!!」

凛(兄ちゃんがいないなら 俺がその代わりになる!!兄ちゃんに近づくために俺に足りないモノはなんだ・・・!?この不自由をコントロールしろ)

凛(日本一にしてやる!!!)

パス

凛(・・・ちょっとズレたな・・・)「あ・・・幸」

冴「今のコース甘いんじゃね?」

凛「! あ」

凛「・・・おか・・・えり」

冴「おう・・・ただいま」

凛「4年振りだっけ・・・?てか・・・明日帰国の予定じゃなかった?」

冴「ああ 早まった・・・」

凛「そっか・・・いつもニュース観てるよ レ・アール下部で試合出てゴール決めてすげぇよ兄ちゃん・・・でもちょっと痩せた?」

冴「ああ・・・かもな なぁ凛・・・世界は広いぞ 俺よりもすごい人間はいる・・・」

凛「へーなんだよ急に・・・」

冴「夢を描き変えたんだ・・・俺は・・・」

凛「・・・え なんの話だよ・・・兄ちゃんはストライカーだろ・・・?それ以外で世界一になったって意味ない・・・」

冴「・・・うっせぇよ それは世界を知らない奴が言う言葉だ」

凛「そんなカッコ悪いコト言うために帰ってきたのかよ・・・!?そんな兄ちゃん見たくない・・・!!俺は・・・」

冴「・・・ぬるいな フィールドとは戦場だとお前はまだわかってないんだ凛 来い・・・」

スポンサーリンク

冴「でも俺が勝ったらおれたちの夢はここで終わりだ」

ブルーロック感想

冴えが海外から戻って来ましたね。そして夢を世界一のミッドフィルダーに変更って。次が楽しみですね♪

関連リンク
マンガ専門情報(あらすじ・ネタバレ・感想)
サッカーマンガ専門情報(あらすじ・ネタバレ・感想)
世界旅行専門情報

目次ページはこちらをクリック!!

(Visited 18 times, 1 visits today)
Top