ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第161話「蜂撃」

Pocket

Last Updated on 2022年2月24日 by pandamon1919

2022年02月02日発売の週刊少年マガジン2022年10号 第161話「蜂撃」です。”ジンガ”と”かいぶつ”の融合でさらなる進化を遂げた蜂楽!!迎え討つは”ブルーロック”の復活戦士 真向勝負が幕を開ける!!

スポンサーリンク

161話の続き、ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第162話のネタバレ感想はこちら

161話の前話、ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第160話「ジンガ×モンスター」のネタバレ感想はこちら

スポンサーリンク

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第161話「蜂撃」

進化を遂げた蜂楽はドイツにも十分通じるレベルを手に入れていた

そんな中、蜂楽の前に立ちはだかるのは國神・・・

果たしてどちらの実力が上なのか!?

スポンサーリンク

新生蜂楽VS.國神

ボールを持つ蜂楽の前に立ちはだかる國神

再会を喜ぶ蜂楽とは違い國神は敵意の視線を向けている

「ダンスの相手を探しているならリードしてやる」

そういって國神は真っ直ぐ突っ込んでいく

間合いを一気に詰めるダッシュ力!!

蜂楽はあくまでも冷静沈着

右足でボールを転がしつつ得意の後出しトリックでフェイントを入れていく

並みの選手であればここで出し抜かれてしまうのだが國神は蜂楽の動きにしっかりついていっている

恐るべき反射体幹!!

それならばと蜂楽は両足の間隔を広げワイドダブルタッチで翻弄する

だがこれはあくまでも囮・・・

あえてこれに食いつかせてからの置き去りにするテンポアップ

ダブルギア・ダブルタッチ!!

左のインサイドでワンテンポ上げたタッチでボールを弾きすぐ右足でそのボールを今度は前にはじき出すと同時にボールを追いかける蜂楽

あまりにスピーディー・・・

突然のギアチェンジにこれは流石の國神も対応しきれない

筋肉だけでは蜂楽を倒すことは出来ない

だが油断大敵

サッカーは相手が一人だけではない

國神が稼いだわずかな時間でオシャグリとゲスナーが蜂楽の両サイドから挟み撃ち

さすがドイツ・・・カバーリングも見事

ここも蜂楽の個人技で抜き去るかに思えたがそこは冷静に対処する蜂楽

なんとここで人を食ったようなヒールリフトパス!!

逆サイドを攻め上がっていたイグナシオ・ララにパスが通る

これをトラップする事なくダイレクトで再び逆サイドにパス

弧を描くこのパスは駆け上がってきた乙夜に渡る

ゴール前、右サイド!

軽くアウトサイドで蹴る乙夜

目の前にDFが一人いたし強引に行かなかったのはナイス判断

乙夜のパスは再び蜂楽へ!!

驚くべきは蜂楽の創り出した読めないはずのリズムに皆が連動している点

止まる事のない流れるようなリズム

蜂楽、イグナシオ、乙夜の三人のフリースタイルが見事に化学反応を起こした

最後は蜂楽のジャンピングボレー

蜂撃(ビーショット)!!!

キーパー飛びつくも取れない・・・

ゴール!!!

先制点はスペイン・・・!

そのあまりのプレイにドイツベンチのブルーロック面々は言葉を失っていた

なんて自由でなんて面白いフットボールをするんだ!!

これがスペイン・・・FCバルチャというチームの哲学

これまでの蜂楽のプレーを分析する潔

蜂楽のドリブルは前までのモノと明らかに違っていた

以前の蜂楽は自分のやりたいことをブチ込んで子供みたいに攻め続けるだけだった

だが相手の出方を待つというある意味大人な選択を覚えた事でドリブルの幅が爆発的に増えたのだ

FCバルチャという自由志向な環境が蜂楽廻という自己独自性を開花させる

蜂楽の進化はまだこんなものではないだろう

ジンガを知った蜂楽はわずか10日でこの進化

この先さらにトレーニングと実戦を重ねればそれだけ化ける可能性を秘めている

潔はようやく絵心が言っていた環境の意味を知ることとなった

自身で決断し飛び込んだ環境

良くも悪くも確実にお前たちの人生を狂わせる・・・か

潔の選んだバスタード・ミュンヘンという環境で一体何を学んでいけばいいのか?

このチームの哲学は合理性

先程の一連のプレーを見た潔は早くもドイツのやり方を理解し始めていた

基本的には全ての無駄を省いて最短距離でゴールに迫り最終的にはカイザーがゴールを量産するというルール・・・

だとしてもし自分が試合に入った場合どう動くのが正解なのか考える潔

ルール通りカイザーに繋ぐ役割に徹するべきなのか?

だがオシャグリやゲスナーのような個人技は潔にはない

かといってルールを無視して自分のゴールのために動いても

國神のように孤立してしまう・・・!!

クソ・・・どうすれば俺は・・・

一人思い悩む潔

そんな中イガグリがこのままだと國神は交代させられるのでは?と言い出した

確かに合理性を強く求めるドイツにとって自己中心的なプレーをする國神はまさにノイズと言っていいだろう

イガグリは交代を期待しているよだが果たしてマスターであるノエル・ノアがどういう判断を下すのか・・・

一方の潔は尻込みしていた

まだ活躍できるイメージが描けていない

今試合に入ったとしても自分は何も出来ない事を理解していた

潔は正直ここまで自分が通用しないとは思っていなかった

今までブルーロックという剥き出しのエゴの個人×個人の中でだから戦えてきただけ

でも今回はカイザー一人じゃなく「バスタード・ミュンヘン」という組織の中に自分という存在を証明する必要がある

これがプロのレギュラー争い!!

数値で割って入るだけでも相当難しいのに試合の中での存在証明なんて桁違いの難易度

それを今たった一人でしかもストライカーとして自分の色に変えようとしている男がいる

國神錬介!!

アイツの生き様こそが自分のレギュラー奪取の突破口になる

刮目を止めるな

カイザーに勝つための情報を探せ!!

そして試合再開

ネスからカイザーにボールが渡る

ネスはこれからどうするかカイザーに尋ねるとカイザーは暗い瞳で笑みを浮かべ

死刑

プライドを激しく傷つけられた男が静かに怒りを見せる!!

スポンサーリンク

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第161話「蜂撃」

ここからはブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第161話「蜂撃」 の感想です

蜂楽が急成長ですね

どちらかというと裏方みたいな感じですがゴール決めました!

そして潔はドイツにマッチする道を見つけることができるのでしょうか?

個でプレーするよりは周りを使ってゴール前のダイレクトシュートな感じ

今回の試合では潔の出番はないかもしれませんね

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第162話はこちら

スポンサーリンク

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第160話「ジンガ×モンスター」

NEW蜂楽の実力が明らかに・・・!僅か10日で一体どう変わったのか!?

乙夜を含め、スペインの実力もハッキリするのか!?

果たしてドイツとスペイン、実力はどちらが上なのか!?

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第160話「ジンガ×モンスター」

スポンサーリンク

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第159話「覇道」

ついにスペイン・FCバルチャとの試合が始まったドイツ!

わずか10日でレギュラーを勝ち取った蜂楽と乙夜の進化が見られるか!?

そしてドイツの実力はいかに!?國神の実力も明らかに!

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第159話「覇道」

スポンサーリンク

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第158話「全ての瞬間を」

ドイツVS.ブルーロック全面戦争勃発!!

最初のトレーニングでドイツとの力の差を実感する中・・・

唯一國神だけが上位ランクイン!!

潔たちは後に続けるのか!?

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第158話「全ての瞬間を」

スポンサーリンク

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第157話「カイザー」

ついに始まったトレーニング!実力が試される中、

潔の前に立ちはだかったのはバスタード・ミュンヘンのFWあの薔薇の刺青の男、

糸師冴と並ぶ新世代世界11傑の1人ミヒャエル・カイザー!!

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第157話「カイザー」

スポンサーリンク

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第156話「BASTARD」

ドイツチームに投入された國神錬介・・・

異様なオーラを放つ國神に動揺を隠せない潔

まずはレギュラーを勝ち取る事が目的になるわけだが、その練習法とは一体!?

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第156話「BASTARD」

スポンサーリンク

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第155話「新英雄大戦」

ついに幕を開ける”ブルーロック”フェーズ2!!

潔たちドイツ組を指導するのはなんと世界一のストライカー、ノエル・ノア

潔の憧れの男が目の前に・・・

果たして潔いたちはどう評価されるのか・・・

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第155話「新英雄大戦」

スポンサーリンク

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第154話「環境」

イングランド・スペイン・イタリア・フランス・ドイツ・・・

世界最高峰の欧州5大リーグから1つを選択しろと絵心!

制限時間90分でサッカー人生が決まると言っても過言ではない・・・!

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第154話はこちら

スポンサーリンク

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第153話「環境」

ここからはブルーロックの感想です

ついに幕を開ける”ブルーロック”フェーズ2!!

またもし烈な生存競争をしいられるのか!?

堕ちたかつての仲間達の変貌ぶりが待ってる・・・!?

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第153話「環境」

スポンサーリンク

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第152話「再始動」

ブルーロックイレブンとしてチームを作ったが、絵心にしてはまだ完成形ではない

世界一のストライカーを生み出すことが目的であることからもここからさらに競争が激化しそうですね

そして一度敗北を知った人間に再びはい上がるチャンスが与えられるみたいなのでそこでの成長はブルーロックイレブンにどう影響を与えるのか?

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第153話 こちら

スポンサーリンク

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第152話「再始動」

絵心が言う「世界を巻き込んだブルーロックフェーズ2」とは一体!?

世界一のストライカーを創り出す超新星たちのビッグバン・・・

世界一を創り出すなら選手もそりゃ世界規模で集めるってことなのか・・・?

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第152話「再始動」

スポンサーリンク

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第151話「変わる世界」

まさかのブルーロックVSU-20日本代表番外編!

晩飯を賭けてボーリング対決をする事になった因縁の両者。

果たして青い監獄はボーリングでもU-20日本代表を倒せるのか!?

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第151話「変わる世界」

スポンサーリンク

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第150話「休暇」

ブルーロックの計画はフェーズ・ツーに移行する!!

ブルーロックイレブンがU-20日本代表と死闘を繰り広げる中、覚醒を果たした國神

もはや人格までもが以前の彼ではなくなってしまっているのか!?

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第150話「休暇」

スポンサーリンク

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第149話「計画完遂」

U-20日本代表をW杯で優勝させると豪語した潔

それだけの自信を得るに十分すぎる試合だった模様

U-20日本代表とブルーロックのタッグチームあり?

世界を狙う最強チームが完成するんでしょうか

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第149話「計画完遂」

スポンサーリンク

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第148話「宣言」

ブルーロック 148話 最新 ネタバレ 感想

週刊少年マガジン2021年9月29日44号に掲載

兄弟対決は・・・天才の糸師 冴を越えた糸師 凛の勝ちでした

そして凛が勝つことを疑わなかった潔!!

ブルーロックは見事に勝利して日本中に存在を見せることが出来ました

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第148話「宣言」

スポンサーリンク

ブルーロック 最新 ネタバレ 感想 第147話「終撃」

ブルーロック 147話 最新 ネタバレ 感想

週刊少年マガジン2021年9月22日43号に掲載

残り1分を切る中でのマンツーマン・・・糸師 冴VS.糸師 凛の兄弟対決
冴が勝てばそのままブルーロックのゴールを狙いU-20の勝利が確定する大一番。
凛が勝てば、3-3で引き分けで試合終了か。果たしてどうなるのか?

スポンサーリンク

関連リンク
マンガ専門情報(あらすじ・ネタバレ・感想)
サッカーマンガ専門情報(あらすじ・ネタバレ・感想)
世界旅行専門情報

(Visited 238 times, 1 visits today)
Top